2013年度 発表論文

学会論文誌

  1. Jovilyn Therese Baco Fajardo, Keiichi Yasumoto, Naoki Shibata, Weihua
    Sun, Minoru Ito: Disaster Information Collection with Opportunistic
    Communication and Message Aggregation, Journal of Information Processing
    Vol.22(2014) No.2 (online), 2014-02-14
  2. Junko Sato, Kouji Kozaki, Susumu Handa, Takashi Ikeda, Ryotaro Saka,
    Kohei Tomizuka, Yugo Nishiyama, Toshiyuki Okumura, Shinichi Hirai,
    Tadashi Ohno, Mamoru Ohta, Susumu Date, Haruki Nakamura, “Protein
    Experimental Information Management System (PREIMS) Based on Ontology:
    Development and Applications”, IPSJ Transactions on Bioinformatics,
    vol.6, pp. 9-17, May 2013
  3. 柏崎, … 下條真司, “広域分散可視化環境のための分散ストレージシステム
    の提案と評価”, 情報処理学会論文誌, vol. 55, no. 3, pp.1-11, Mar. 2014.
  4. Daiki Morita, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe, Susumu Date, Shinji
    Shimojo, “Implementation and Evaluation of Multiple Deduplication
    Methods for VM Disk Images Composing a Virtual Cluster”, INFORMATION –
    An International Interdisciplinary Journal, vol. 16, no. 8B, pp.
    6055-6068, Aug. 2013.
  5. Tatsuya Fukuda and Ken-ichi Baba,
    “Network designs for cycle-attack-free logical-tree topologies in
    optical CDM networks”,
    IEICE Transactions on Communications, vol. E96-B, no. 12, pp. 3070-3079,
    December 2013.

国際会議論文(査読付き)

  1. Dashdavaa Khureltulga, Susumu Date, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai,
    Yasuhiro Watashiba, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe, and Shinji Shimojo,
    ”Architecture of a High-speed MPI_Bcast Leveraging Software-Defined
    Network”, The 6th Workshop on UnConventional High Performance Computing
     2013, Aachen, Germany, Aug. 2013.
  2. Yukihiro Kunishige, Ken-ichi Baba, and Shinji Shimojo, “Optical path
    scheduling methods considering host bandwidth in data center networks”,
    in Proceedings of IEEE PACRIM 2013 (Victoria, BC), August 2013.
  3. Yang Yukai, Hirotake Abe, Ken-ichi Baba and Shinji Shimojo,
    “A Scalable Approach to Avoid Incast Problem from Application Layer,”
    in Proceedings of IEEE/IPSJ Workshop on High-Speed Network and Computing
    Environment 2013 (Kyoto, Japan), July 2013.
  4. A. Ancel, K. Baba, J. Cisonni, Y. Fujiso, P. Goncalves, M. Imbert, K.
    Koyamada, K. Nozaki, H. Ohsaki, A.-C. Orgerie, X.Pelorson, B. Raffin, N.
    Sakamoto, E. Sakane, S. Wada, S. Shimojo, A. Van Hirtum, P. Neyron, I.
    Assenmacher, “Petaflow – an example of communication and computational
    technologies with social impact”, in Proceedings of IEEE/IPSJ Workshop
    on High-Speed Network and Computing Environment 2013 (Kyoto, Japan),
    July 2013.
  5. Shinya Matsuo, Weihua Sun, Naoki Shibata, Tomoya Kitani and Minoru Ito
    : ”BalloonNet: A Deploying Method for a Three-Dimensional Wireless
    Network Surrounding a Building”, in Proc. of the 8th International
    Conference on Broadband and Wireless Computing, Communication and
    Applications (BWCCA-2013), pp.120-127, Oct. 28-30, 2013. (France)
  6. Masato Nakamura, Tomoya Kitani, Weihua Sun, Naoki Shibata, Keiichi
    Yasumoto and Minoru Ito : “A Method for Information Delivery in VANET
    with Scheduled Routes of Vehicles”, in Proc. of IWIN (International
    Workshop on Informatics) 2013, pp.1-8, Sep.1-4, 2013. (Sweden)
  7. Shinya Imazu, Teruhiro Mizumoto, Weihua Sun, Naoki Shibata, Keiichi
    Yasumoto, Minoru Ito: “e-Health Support System for Adequate Caloric
    Intake Learning through Simple Meal Survey and Weight Measurement”, in
    Proc. of IEEE Region 10 Humanitarian Technology Conference 2013,
    pp.308-313, Aug 26-29, 2013. (Japan)

国内研究会(査読なし)

  1. 藤井廉, 馬場健一, 下條真司,”無線センサネットワークにおける締切を考慮し
    たデータ転送手法”, 電子情報通信学会 技術研究報告(IN2013-61), vol. 113,
    no. 206, pp. 19-24, September 2013.
  2. 福田達也, 馬場健一, 下條真司, “分散管理光CDMネットワークの階層型論理ト
    ポロジ復旧手法”,電子情報通信学会 技術研究報告(PN2013-9), vol. 113, no.
    175, pp. 7-12, August 2013.
  3. 国重行洋, 馬場健一, 下條真司,”データセンターネットワークにおける受信ホ
    ストを考慮した光パス設定手法”, 電子情報通信学会 技術研究報告(IN2013-41),
    vol. 113, no. 140, pp. 31-36, July 2013.
  4. 下條真司, 清川 清, 伊達 進, 竹村 治雄,東田 学, 安福健祐, “大阪大学で
    のサイバーメディアセンターでの可視化サービスに向けた取り組み”, 大学ICT推
    進協議会 2013年度年次大会論文集, 2013年12月.
  5. Fredik Nordlund, Shinji Shimojo, Yuichi Teranishi, Manabu Higashida,
    “A Proposal of a Cloud Robotic Sensor Observation Framework integrating
    Global Movement Plan and Local Measurement Feedback”, クラウドロボット研
    究会, 2014年2月.
  6. 伊達進, SDN + HPC = ? : ―大規模コンピューティングのための高機能ネット
    ワークプラットフォーム技術にむけて―,第15回 テストベッドネットワーク推進
    ワーキンググループ会合,2013年04月,
  7. 東田学, “HPCI申請支援システムの実装と運用、そして将来像”, 大学ICT推進
    協議会 2013年度年次大会論文集, 2013年12月.
  8. 東田学, “大規模計算機空気冷却風速場の高解像度解析と適応的クラウドロ
    ボット技術による実効的な計測融合オペレーション”, 大学ICT推進協議会 2013
    年度年次大会論文集, 2013年12月.
  9. 東田学, “大規模計算機空気冷却風速場の実時間解析と移動型ネットワークセ
    ンサー連携による計測融合オペレーション”, 学際大規模情報基盤共同利用・共
    同研究拠点第4回シンポジウム, 2013年7月. (ポスター)
  10. 東田学, “大規模計算機空気冷却風速場の高解像度解析と適応的クラウドロ
    ボット技術による実効的な計測融合オペレーション”, 平成25年度「京」を中核
    とするHPCIシステム利用研究課題中間報告会, 2013年10月.(ポスター)
  11. 小島一秀, 岩成英一, 村山健二, 並川青慈, 並川嘉文, 高橋 明, “”,
    FIT2013, 2013年9月.
  12. 稲葉 健吾, 孫 為華, 柴田 直樹, 伊藤 実 :” VANETにおける複数無線チャネ
    ルを用いた大容量データ配信手法の提案”, DPS研究会158, 2014.3.6-7
  13. 上田 知幸, 孫 為華, 柴田 直樹, 伊藤 実 :”EVTour:電気自動車の乗換スケ
    ジューリング法の提案”, MSP研究会97, 2014.3.3-4
  14. 孫 為華, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実 :” 待ち時間を短縮する駐車ナビ
    ゲーション”,マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集(DPSWS2013),
    2013.12.
  15. 松尾 真也, 孫 為華, 柴田 直樹, 木谷 友哉, 伊藤 実 : “BalloonNet:災害復
    旧のための建物包囲型無線ネットワークノード配置法”, DPS研究会157, 情報処
    理学会研究報告, 2013.10.17-18
  16. 上田 知幸, 孫 為華, 柴田 直樹, 伊藤 実 : “カーシェアリングに基づいたEV
    の効率的運用スケジューリング”, DICOMO2013シンポジウム論文集,
    pp.1102-1110, 2013. 7.11(北海道帯広)
  17. Rahmadya Budi, Sun Weihua, Shibata Naoki, Ito Minoru : “A DTN Based
    Data Dissemination Method Utilizing Platoon in Urban Area”, 情報処理学会
    研究報告, Vol. 2013-ITS-53, No.5, pp.1-6, 2013.6.7.

大阪大学サイバーメディアセンター応用情報システム研究部門 [Applied Information Systems Research Division, Cybermedia Center, Osaka University]